0
¥0

現在カート内に商品はございません。

バスト・アンダーの測り方

ネットで購入する際など、普段着用しているブラのサイズは合っているのか気になりますよね。今回は、ご自宅で自分でも出来る“バスト・アンダーの測り方”についてお伝えいたします。

測り方以外に、ブラジャーのサイズの合わせ方が知りたい方は、以前、ブラジャーのサイズを合わせる方法の記事で紹介しておりますので、こちらも合わせて是非ご覧ください。

ブラジャーのサイズを見直して、ジャストサイズで着用することで、ブラジャーがずれることが減り、着心地が安定するだけでなく、バストの下垂の予防にも繋がります。プロに測ってもらったほうがもちろん正確ですが、コツを掴めば、自分でも計測することが出来ますので、一緒にチェックしていきましょう。

 

【用意するもの】

・ブラジャー
・鏡
・メジャー
・メモの取れるもの

 

アンダー・バストを測るときのコツ

測定する前に、3つのコツをおさえましょう。

・背筋を伸ばして測定しましょう。猫背になっていたりすると、測りづらく、サイズがずれてしまうので、背筋を伸ばして測定しましょう。
・メジャーは、ピーンと引っ張り、まっすぐとなるように気をつける。
・ゆっくりとリラックスして呼吸をしながら測定しましょう。

 

まずはアンダーから測定

アンダーを測定する時は、ブラジャーを着用せず、素肌で測定する方法が一番オススメです。ブラジャーがズレる原因の1つに、アンダーのサイズが合っていないブラジャーを着けていることがあげられます。素肌でサイズを測ったほうがジャストサイズを測定することが出来ますので、お家で測定する際は、素肌にメジャーを当てて測定する方法がオススメです。また、アンダーを測る際は、キツめに測定してしまうと血行が悪くなったり、苦しくて猫背になりやすくなりますので、ポイントをおさえながら測定してみましょう。

 

では、アンダーを測っていきましょう。

 

まず、メジャーを背中に通します。この時、メジャーが床と並行で、真っ直ぐになっているか確認しましょう。メジャーが斜めっていたり、絡んでいると数値がズレてしまうので注意しましょう。背中に通したメジャーが真っ直ぐになっているか確認できたら、メジャーを前に持ってきて、測定します。この時、呼吸が苦しくない程度のキツさで、測定するのがポイントです。

 

ブラジャーのアンダー部分は伸縮性のある素材で出来ていることが多いので、息を吐いた時の数値で、ブラジャーを選ぶと良いでしょう。この時、息を吐ききる必要はありません。自然な呼吸を意識して、測定しましょう。アンダーは、緩めに測定してしまうと日常生活でブラジャーがズレる原因になりますので、しっかりとアンダーに沿わせて、自然な呼吸を意識しながら測りましょう。数字が出たら、ケータイなどでメモをしておくと、忘れなくて済みますので、この段階でアンダーを記入するのがオススメです。

 

バストを測定

では、次にバストを測定していきます。バストを測定する際は、ブラジャーを着用した状態で、メジャーがバストの1番高い位置を通るようにして測定します。バストは、ブラジャーを着用せずに素肌のまま測定してしまうと、ブラジャーを購入する際に、サイズが大きく異なる場合があるので、お家にある1番フィットするものを選んで着用してから測定いたしましょう。ブラジャーを正しく着用した上で測定することもポイントなのですが、こちらは、別のコラムで紹介しておりますので、正しく着用できているか不安だという方は、このページの最後の部分からご確認ください。また、バストを測る際は、バストの丸みを潰さないように、優しく沿わせて測定いたしましょう。

 

では測定してみましょう。

 

バストを測る際は、まず、普段着用しているブラジャーで、一番サイズの合っていそうなものを着用してから測定をします。この時、パットが入っている場合は、抜いてから測定をしましょう。まず、バストのトップの真後ろの背中あたりにメジャーを通します。メジャーを背中に通したら、床と並行で、真っ直ぐになっているか確認しましょう。メジャーが斜めっていたり、絡んでいないでしょうか。背筋は伸びていますでしょうか。真っ直ぐにしたら、そのまま前にメジャーを持ってきて、バストのトップを通るようにして、メジャーが0と重なったところで測ります。バストのトップを測る際は、脇の下あたりでメジャーがねじれてしまったり、床と水平ではなく、メジャーがななめってしまいやすいので、しっかり真っ直ぐになっているか確認しましょう。アンダーと合わせて、忘れぬようにメモをしておきましょう。

 

最後に

ブラジャーを自分で測ると小さめや、キツめに測ってしまう場合がありますが、測定する時は、自然な呼吸を意識して、苦しくないキツさで測定をするように心がければ、ご自身で測定をしても正しく測定出来ますので、コツをおさえながら測ってみましょう。また、バストを測る際は、ブラジャーを正しく着用してから計測をすると、トップの位置や大きさが変わることもございますので、正しく着用してから測定することをオススメいたします。

 

ブラジャーの正しい着用の仕方はこちら

 

また、アンダーのサイズが合ったものを着用することで、猫背や呼吸が苦しくなることを防ぐことが出来ます。バストはサイズの合わないブラジャーを着用していると、形崩れや下垂する原因に繋がります。バストのサイズが合ったものを着用することで、ブラジャーとバストがフィットし、バストをしっかりとホールドしてくれるので、バストの揺れを軽減し、下垂も防いでくれますので、バスト本来の美しい形を維持しやすくなります。アンダーとバストのサイズが合ったものを着用すると、日々の生活でブラジャーがズレづらくもなりますので、定期的にサイズが合っているか測り直すことも大切です。

ページトップへ