0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ブラを着けたくない人必見:ノーブラの危険性

毎日ブラジャーを着用したほうが良いのは知っていても、ついつい忘れてしまったり、窮屈なのが嫌で、ブラジャーを着用せずに過ごす人も多くいるかと思います。

今回は、なぜブラジャーをしなくてはいけないのか、ブラジャーを着用しないで過ごすことの危険性をお伝えいたします。

特に、いくつになっても美しいバストを保ちたい方、これからバストを美しくしていきたい方は必見です。

 

ブラジャーはなぜ必要?

そもそもブラジャーは、なぜ着用した方が良いとされているのでしょうか。

バストは、主に“乳腺”と“乳腺からできる脂肪”と“クーパー靭帯”で構成されています。

バストは主に脂肪で出来ていますが、バストの丸い形を維持してくれているのは、クーパー靭帯というコラーゲンで出来た靭帯が形作ってくれています。

ですが、クーパー靭帯は、階段などの上り下りでバストを揺らすだけで、負荷がかかり、切れたり伸びたりと損傷してしまいます。クーパー靭帯は、一度損傷すると、伸びたまま元に戻らなくなり、バストの下垂やバストのサイズダウンを引き起こします。

そのため、出来るだけバストが揺れることを最小限にし、バストにかかる負荷を少なくすることが大切です。

ブラジャーを着用し、しっかりホールドして上げることで、バストの揺れを軽減することが出来ますので、普段から着用することが、バストを美しく保つことに繋がります。

 

ノーブラの危険性

ノーブラの危険性1:クーパー靭帯に負担がかかり、バストの下垂を引き起こす。

ブラジャーをせずに普段過ごしていると、重力などの負荷がバストにかかり、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりしてしまいます。

クーパー靭帯は、一度損傷すると伸びたまま、元に戻らなくなってしまいます。

そのため、ノーブラで過ごしてしまうと、バストの下垂を引き起こしてしまいます。

下垂によりバストの位置が下がってしまうと、老けて見えるという調査結果もございます。

骨格などによりバストの付き方は変わりますが、美しくバストを保つには、下垂を予防するためにブラジャーを着用することをオススメいたします。

 

ノーブラの危険性2:バストの横流れが防げなくなり、離れ乳になる。

バストの脂肪は柔らかいため、何もせずに放っておくと、横に流れてしまいます。

クーパー靭帯が横に流れないように、支えてくれていますが、ノーブラにより、クーパー靭帯が伸びてしまうと、横にも流れやすくなります。

特に、寝ている間や、ゴロゴロとくつろいでいる時にブラジャーをしていないと、バストの柔らかい脂肪は横に流れていってしまいます。バストが横に流れてしまうと、離れ乳に繋がりますので要注意です。

 

ノーブラの危険性3バストの形崩れに繋がる。

1や2で紹介したように、バストが下垂したり、横に流れを引き起こすことで、バストの形崩れにも繋がります。

いつも同じ方向を向いて、寝転んでいると、左右のバストにかかる負荷が変わり、左右のバストの高さや、大きさが変わり、バストの左右差を生む原因になる場合もございます。

動かず、バストはあまり揺れないから大丈夫と思っていても、座る瞬間、立つ瞬間、料理をしている時など、少し動くだけでも、バストは揺れ、クーパー靭帯に負荷がかかります。

ノーブラで過ごす日々の積み重ねで、バストの形崩れに繋がりますので、着けていても苦しくないものを選び、なるべくバストに負荷をかけないことがオススメです。

 

最後に

ブラジャーを着用することで、しっかりバストの揺れを軽減することが出来ます。

日常生活の中で、クーパー靭帯に負担をかけ、損傷することを防ぎ、綺麗な丸い形のバストを保つことが出来ます。

クーパー靭帯は、コラーゲンで出来ていますが、人間は成長するに連れて、コラーゲンの生成力が弱まっていきますので、今はノーブラで過ごしても下垂していないという方でも、将来を考えると、早いうちからブラジャーを着用したほうがバストを美しく保てるでしょう。

ブラジャーを着けたくない理由として、ホックが痛いことや、肩こりに繋がるのが嫌なことなどがあげられますが、最近では、そのような悩みに寄り添ったブラジャーも誕生しています。

自分に合ったブラジャーを見つけて、バストの揺れを軽減させ、美バストを保ちましょう。

ページトップへ
#}